虫よけスプレーや防虫剤などの虫よけアイテムは、蚊よけ対策として私たちの暮らしに欠かせないアイテムの一つですよね。ただ、その種類によっては刺激の強い成分を含んでいることも…。特に小さなお子様がいる家庭では、気にしている人も多いのでは?

「もっと体に優しい成分で虫よけ対策をしたい…」「虫よけのきつい香りが苦手…」そんな人のために、ここでは“アロマオイル”の虫よけ効果についてご紹介していきます。

虫が嫌がる香りとは?

虫よけに使われる有名な成分には“ディート”が挙げられますが、この成分は非常に刺激が強いのです。殺虫効果が強い代わりに、使い方によっては体に害を及ぼす危険性があるとも考えられていて、厚生労働省では乳児・幼児への使用に注意を呼び掛けています。

そこで今注目されているのがアロマオイルの効能なのです。アロマオイル自体に殺虫効果はありませんが、虫の嫌がる香りを持つものもあり、体に優しいのが特徴です。虫が嫌がる香りにはどんな種類があるのか、どんな成分が虫よけに効果を発揮するのか、詳しく見ていきましょう。

シトロネロール

精油(アロマオイル)に含まれる香り成分の一つであるシトロネロール。バラの香りで、虫が嫌う匂いでもあり、他にも抗菌作用、抗ウイルス作用、リラックス効果などもあります。化粧品や石けんの香りづけなどにも使われている成分です。

モノテルペンアルコール類に分類され、毒性が低く、皮膚への刺激も少ない成分となっています。シトロネロールを多く含むアロマオイルには次のようなものが挙げられます。

  • ゼラニウム
  • ローズ
  • ユーカリ
  • シトロネラ

ゲラニオール

ゲラニオールも虫の嫌がる香り成分の一つです。シトロネロールと同じく、モノテルペンアルコール類に分類され、体に優しい成分となっています。

ゼラニウムというハーブから発見された成分で、皮膚を柔らかくしたり、皮膚の弾力をアップさせるなど、美容効果も期待できる成分として知られています。ゲラニオールを多く含むアロマオイルには次のようなものが挙げられます。

  • ゼラニウム
  • シトロネラ
  • パルマローザ
  • レモングラス
  • ローズ

シトロネラール

軽やかでフルーティーな香りを持つシトロネラールも虫よけに効果的です。特にダニや蚊に効果があるとされています。他にも抗菌作用、抗炎症作用、鎮痛作用などを持つ成分です。

アルデヒド類に分類され、皮膚への刺激がやや強い成分となっていますので、直接肌に触れないように注意が必要です。シトロネラールを多く含むアロマオイルには次のようなものが挙げられます。

  • シトロネラ
  • ユーカリ
  • レモンバーム

他にも虫よけに適したハーブとしてラベンダー、ティーツリー、ペパーミントなどが挙げられます。上記に挙げた成分は含まれていませんが、虫が嫌うハーブとして知られており、多くの虫よけ商品に取り入れられています。

アロマオイルを虫よけに使うメリット

アロマオイルを虫よけ対策に取り入れることで、次のようなメリットが期待できます。

体に優しい

先にも少し触れましたが、虫よけ成分の中には刺激の強いものもあります。アロマオイルに含まれる芳香成分は体に害を与える可能性は低く体に優しいので、乳幼児がいる部屋でも安心して使うことができます。

心身のバランスを整える

アロマオイルの香りにはには気持ちをリラックスさせる効果、リフレッシュさせる効果、風邪を予防する効果など、体や心のバランスを整える作用があります。虫よけ対策をしながら、気分転換や体調を整えることができるのは嬉しいポイントです。

好きな香りを選べる

アロマオイルにはたくさんの種類があり、香りも柑橘系、ミント系、フローラル系、ウッド系などさまざまなものがあります。虫よけに効果があるのは主にレモンやローズの香りですが、それらと他の香りをブレンドして自分の好みの香りに調整することができます。

アロマオイルを虫よけ対策に取り入れてみよう!

アロマオイルをどう虫よけ対策に使うの?」と疑問に思う人も多いかもしれません。ですが取り入れ方はとてもシンプルで簡単です。

ディフューザーやアロマポッドがあればそれを使うのもいいですし、ない場合はコットンやガーゼなどにオイルを数滴染み込ませて置いておくだけでも効果は期待できます。一番使いやすく効果的なやり方としては、スプレーにする方法がおすすめです。

アロマを使った手作り虫よけスプレーの作り方

それでは、簡単にできるアロマを使った虫よけスプレーの作り方について説明していきます。

①アロマオイルを選ぶ

お好きなアロマオイルを選び、スプレーボトルに10滴ほど入れます。

②エタノールを混ぜる

アロマオイルの入ったボトルに、エタノール5ml入れて混ぜます。エタノールはこの後入れる水とオイルを混ざりやすくさせるために必要です。

③水を入れる

最後に水45mlを入れボトルの蓋をして、よく振って混ぜ合わせます。

手作り虫よけスプレーの注意点

玄関や網戸など、気になる箇所に吹きかければ虫よけにもなり、香りもより楽しめるのでおすすめですよ。ただし手作り虫よけスプレーは、防腐剤が入っていないためあまり日持ちはしないので注意が必要です。作ったら2~3週間で使い切るようにしましょう。