お庭のお手入れ・ガーデニングのときにも、蚊は獲物を求めてやってきます。蚊にさされるとかゆいだけでなく、病気になってしまうこともあるので心配ですね。それでは、お庭・ガーデニングでの蚊よけ対策についてまとめていきたいと思います。

蚊を発生させない

まずは、成虫になるまでのボウフラ対策することで、蚊を発生させないようにしましょう。ボウフラは流れのない水の中で成長します。

ボウフラが卵から孵り羽化して蚊になるまで約2週間かかるので、1週間ごとにボウフラ対策すると蚊の発生を抑えることができます。

水たまりを作らない

お庭にバケツ・小さな容器など放置していませんか?水たまりができるとボウフラの格好の住みかになってしまうので水たまりを作らない環境が大切です。水たまりを見つけたら、水を捨てましょう。

銅で蚊を撃退!

どうしてもお庭にも水が必要って場合もありますよね。ネットでは水の中に十円玉など銅をいれると、銅イオンが発生して蚊の発生を抑えるといわれています。

しかし十円玉程度の表面積では、蚊を抑制するほど十分な銅イオンはでないようです。そんなときは表面積の大きい銅線やエレキンギョを使うと、蚊の発生を抑制できるようですね。

抗菌銅抑虫プレート エレキンギョ

価格:5枚入りで2000円前後

どうしても水を汲んでおきたいときは、エレキンギョを水の中にぶら下げておきましょう。これ1枚でバケツ1杯分くらいの水に効果があります。1シーズンで交換が必要です。

⇒抗菌銅抑虫プレート エレキンギョを楽天で見てみる

蚊を寄せつけない

ボウフラ対策してお庭の蚊の発生を防いでも外からも蚊はやってきます。蚊を寄せつけない植物を植えるということもネットでは書かれています。

しかし、蚊が嫌う匂いはその成分を精製して濃縮してアロマオイルにしないとほとんど効果はないといわれています。

ミントは虫よけのハーブとして有名ですが、爆発的に増えて庭がどうしようもなくなりミントテロともいわれているので、ミントを庭に植えるのは避けましょう。

次は、蚊を寄せつけない対策方法を書いていきます。

虫よけスプレーを使う

蚊よけ対策の基本”虫よけスプレー”です。アロマタイプ・ディートタイプ・イカリジンタイプがあります。虫よけスプレーは用途に合わせて、どの虫よけスプレーを使うか選びましょう。

以下の記事にて虫よけスプレーの詳しい選び方と、おすすめの虫よけスプレーを紹介しています。

蚊よけにおすすめの虫よけスプレーはコレ!(関連記事)

ヤブ蚊のいない庭をつくるスプレー

価格:1000円前後 内容量:450ml

お庭での作業用専用の虫よけスプレーで、5連縦長ワイド噴射で殺虫成分ピレスロイド系の薬剤を一気に広範囲にスプレーできる優れもの。ガーデニングの前に植物にスプレーするだけで、ヤブ蚊を駆除し8時間ほど寄せつけません。

⇒ヤブ蚊のいない庭をつくるスプレー 無香料を楽天で見てみる

蚊とり線香を使う

蚊取り線香の除虫菊成分で蚊を駆除。おしゃれな蚊取り線香入れに入れて、お庭に持っていってはいかがでしょう。

価格:2000円前後 5色カラー展開

⇒蚊取り線香入れ おしゃれな蚊取り線香ホルダー用 KAYARIを楽天で見てみる

扇風機をつける

意外と扇風機の風だけで、蚊をよせつけなくなります。蚊の飛行能力は時速約2.4キロメートルと低速であり、また扇風機の風が蚊を引きつける二酸化炭素を拡散してしまうため有効な蚊よけ対策になるのです。

扇風機をつけていると、蚊よけ対策にもなり涼しさもアップするので、お庭に扇風機を設置するのはおすすめです。

蚊を駆除する

日本ではあまりモスキートトラップは見かけないと思いますが、海外では蚊を駆除するのにモスキートトラップはポピュラーな存在です。二酸化炭素で蚊を誘引するので、蚊対策には効果的です。

モスキートトラップを作る

ペットボトルを使って、安価で効果的に血を吸う蚊だけを捕まえることができるモスキートトラップを作ることができます。もともとフィリピンで考案されたものだそうです。

ドライイーストを使って発酵させることで二酸化炭素が発生するので、蚊が獲物と間違えてトラップにひっかかるわけなのです。

蚊とりボトルの材料

  • ペットボトル(1.5~2リットルのもの)
  • お湯:200ml
  • 砂糖:50g
  • ドライイースト:2g(フィリピン版では1gですが2gのほうがいいです)

蚊とりボトルの作り方

  1. ペットボトルの上部20%くらいのところでカットする
  2. カットした部分を逆さにして、漏斗のようにしてはめる
  3. ペットボトルの中にお湯200ml・砂糖50gをいれて溶かし、40℃くらいに冷ましてからドライイースト2gをいれ、1~2時間暖かい部屋において発酵させる
  4. ボトル全体を黒い紙で覆う

この手作り蚊とりボトルは、約2週間効果があります。2週間経過していなくても、悪臭が発生したら中身を交換しましょう。

電気式モスキートトラップ

価格:5000円程度

モスキートトラップを作るのがめんどうという方は電気式のモスキートトラップはいかがでしょうか。LEDのUV-Aランプの光と発熱、そして酸化チタンが発生させる二酸化炭素によって蚊を引き寄せます。そして蚊が近づくとファンが蚊を吸い込み捕獲。防水仕様ではないので外で使うときは注意。

⇒モスキートトラップを楽天で見てみる

蚊よけ対策をして快適なガーデニングを!

お庭での蚊よけ対策のポイントは、”蚊を発生させない・寄せつけない・駆除する”ということでした。ここに挙げたすべての対策をする必要はありませんが、快適なガーデニングをするためにはできることはやっておきましょう!