寝ている時に耳元に”プ~ン”とイヤな羽音を立てて近寄ってくる憎い蚊ですが、眠りを妨げられるだけでなく、かゆくて知らないうちにかきむしってしまい痕が残ってしまうかも・・・

また蚊はデング熱など伝染病も媒介するので、たかが蚊とはいえあなどれません。とくに赤ちゃんは新陳代謝が高く、汗や呼吸からでる二酸化炭素によって大人より蚊を引き寄せてしまいます。

それでは、屋内や寝室におすすめの赤ちゃんでも使える蚊よけ対策を紹介していきたいと思います。

家の周りに蚊を発生させない

いくら部屋の中で蚊よけ対策をしても、家の外に蚊がいっぱいいるのではちょっとしたすき間から入ってきてしまうので意味がありませんね。そこで家の周りに蚊が発生しないようにする対策が重要です。

蚊は流れのない水の上で卵を産みます。そして孵化したボウフラは少量の水があれば育ちます。ボウフラ対策として、家の外に水たまりを作らないことが大切なのです。

庭に置いてあるバケツや小さな容器や植木鉢の受け皿に水がたまっていませんか?ボウフラが羽化して成虫になるまで約2週間かかるので、定期的に水がたまっていないか確認しましょう。

赤ちゃんの蚊よけ対策は?

それでは、赤ちゃんにおすすめの蚊よけ対策をまとめていきたいと思います。

ワンプッシュ式蚊取りスプレー

1日1回部屋の真ん中でプシュっとスプレーするだけで、1日中蚊取り効果がある最近人気のワンプッシュ式の蚊取りスプレーですが、そんなに強力だと安全かどうか心配ですよね。

ワンプッシュ式の蚊取りスプレーの有効成分はピレスロイド系とよばれるものです。ピレスロイドは蚊取り線香など除虫菊に含まれる殺虫成分で、人体には無害の物質です。

壁や天井に殺虫成分が付着し、除々に蒸発して効果を発揮します。また血を吸った蚊は壁で休む習性があるので、壁に付着した殺虫成分がよく効くのです。

ただしピレスロイドは虫以外に魚類にも有害なので、部屋の中で金魚などを飼育している場合は気をつけてくださいね。もちろん鈴虫やカブトムシにも効いてしまいます。

キンチョー 蚊がいなくなるスプレー 200日 無香料

価格:1,000円前後 内容量:45ml

4.5~8畳に1プッシュで12時間蚊取り効果が持続します。ワンプッシュ式蚊取りスプレーは、火も電池も電気も使わないので経済的です。

⇒キンチョー蚊がいなくなるスプレーを楽天で見てみる

フマキラー おすだけベープ クリスタ24 250日分

価格:1,000円前後 内容量:30.5ml

こちらも1プッシュの効果範囲は4.5~8畳。フマキラーのおすだけベープは1プッシュで24時間効くのでさらに経済的です。

アロマタイプ虫よけスプレー

虫よけスプレーの中でディート配合のものは忌避作用が強いですが、生後6ヶ月未満の赤ちゃんには使用できません。

また小さいお子さんにもディートタイプの虫よけスプレーは使用回数に制限があるので、アロマタイプの虫よけスプレーがおすすめです。

アロマタイプの虫よけスプレーは、肌にやさしく赤ちゃんにも安心して使えると書いてあることが多いのですが、アロマタイプの虫よけスプレーは商品によって配合されているハーブは様々です。

アロマエッセンスは植物が原料なので大丈夫かといわれたら、全てがそうではありません。アロマタイプの虫よけスプレーにはレモンユーカリの香りを蚊が嫌うのでよく配合されていますが、レモンユーカリは注意が必要です。

レモンユーカリの毒性

レモンのような香りで蚊を寄せつけないレモンユーカリですが、体によい効能がたくさんある一方で青酸配糖体という毒性のある物質も含まれています。青酸配糖体は加水分解でシアン化水素を遊離します。いわゆる青酸ガスのことです。

ユーカリの毒性については、コアラの赤ちゃんが母コアラがユーカリを消化して無毒化した糞を食べることでも有名ですね。

レモンユーカリ配合のスプレーは皮膚にぬる分にはまったく問題ないのですが、誤飲してしまったりなめてしまい口に入ってしまうとよくないので赤ちゃんには使わないのが無難かもしれません。

ALOBABY(アロベビー) アウトドアスプレー

価格:1,750円(税抜) 容量:110ml

アロマタイプの虫よけスプレーの多くはレモンユーカリが配合していますが、こちらのアロベビーのスプレーはレモングラスとローズマリーとオレンジの香りで蚊の嫌がる成分を配合した、天然成分99%のオーガニックの国産アウトドアスプレーです。

もちろん新生児でも使え、お湯で簡単に落とせます。清涼感のあるフレッシュな香り。

蚊帳

価格:5,000円程度

蚊帳で物理的に蚊を遮断するのもひとつの手です。蚊帳を設置するのがめんどうだという方も、ワンタッチで広がるテント式の蚊帳も販売されています。使わない時はコンパクトに収納できる優れもの。

蚊帳に虫よけスプレーをかけると、より蚊よけ効果アップするのでおすすめです。

⇒蚊帳 収納式ワンタッチを楽天で見てみる

扇風機・エアコンをつける

蚊の飛行能力は高くないので、扇風機の弱程度の風でも蚊が自由に飛ぶのを妨げてくれます。また、風の流れによって汗のにおいや呼吸から発する二酸化炭素も分散するので、蚊に発見されづらくなります。

赤ちゃんに直接風があたるのはよくないので、扇風機やエアコンをつけるときは風向きを調節しましょう。

モスキートトラップ

価格:5000円程度

モスキートトラップは逆に風がないときに効果を発揮します。日本ではあまり馴染みはないモスキートトラップですが、海外ではポピュラーな蚊対策アイテムです。

光や熱や二酸化炭素で蚊を誘引して蚊を捕獲するので蚊取りスプレーの嫌なにおいもありません。

⇒モスキートトラップを楽天で見てみる

寝室に蚊よけ対策をして、快適な眠りを!

これで赤ちゃんが蚊にさされないよう蚊よけ対策は万全ですね。これらの蚊よけ対策をいくつか実行するだけで、今日から蚊に邪魔されない快適な眠りが手にはいるはずですので是非やってみてくださいね!